に投稿 コメントを残す

SNSで話題!電子レンジで作る溶けないアイス

<レシピ・写真・テキスト>
羽根井智子
フルッソアンバサダー

突然ですけど、アイスって溶けると食べにくいですよね。

そんな中、いまSNSで話題の、「溶けないアイス」って皆さんはご存知ですか♡

さらに、ヘルシーなアイスだったら罪悪感ゼロで嬉しいですよね♬

今日はそんな溶けないアイスをフルーツソルト で作ってみようと思います♬

【A】

豆乳でできたカルピス:100ml130ml程度

寒天(パウダータイプ):小さじ1/2

ご利用いただくアイスバーの容器や中に入れるフルーツの量で分量を調節してください。

「カルピス」や「お好みのフルーツ」を使っているのでほんのり甘い仕上がりになるのですが、もっと甘さをお求めの方は、メープルシロップや甘味料を大さじ1~2程度プラスすると甘さの調節ができてオススメです♬

(この記事では、メープルシロップを「入れない」タイプと「入れる」タイプの比較もしています。)

【B】

お好みのフルーツ

キュウィ:1個(フレッシュフルーツ使用・6等分にしました)
ラズベリー:36粒程度(冷凍フルーツ使用)
ブルーベリーソルト:9粒程度

私は上記のものを用意しましたが、ぜひお好みのフルーツで作ってみてください♬

もしBの材料を全く入れない場合は、Aの材料をアイスバーの容器に合わせて増やしてください。

寒天の量によって固まり方も若干変わるので、お好みの量で調整をお試しください。

作り方

1)電子レンジで作る!かんたん豆乳寒天ゼリー の作り方が基本になりますので、まずはこちらをご覧ください。

Flusso公式HP>メニュー>ダイアリー電子レンジで作る!かんたん豆乳寒天ゼリーより検索できます♡ 

2)まず、Aの材料を計量し、耐熱容器に移して混ぜ合わせ、カルピス液を作ります。

3)電子レンジ500Wで1〜2分程度、耐熱容器を温めます。

※常温の場合は1分程度、冷蔵庫に入っていた場合は1〜2分程度。また、ご家庭の電子レンジの仕様により温度や温め時間が異なるため、適宜様子を見ながら調整してください。

4)電子レンジで温めている間に、フルーツをカットします。

アイスバーの容器に収まるようにお好みでカットしてください。

もし、冷凍フルーツを使う場合は、冷凍のまま、余分な水分があればキッチンペーパーなどで軽く拭き取ります。

冷凍フルーツの再冷凍はあまりオススメできないので、そのまま使いましょう。

最初に作業して準備しておいてもOKですが準備したらすぐにカルピス液を投入できるようにしてください。

また、変色しやすいフルーツは最後にカットすることをオススメします。

5)アイスバーの容器を用意します。

アイスバーの容器は100円ショップや製菓グッズを販売しているネットサイト・販売店でお求めいただけます♬

6)先ほどカットしたフルーツと、フルーツソルトをアイスバーの容器に詰めていきます。

ポイントとしては、

アイスバーの容器の側面から表情がわかるように、フルーツを側面に貼り付けます。

フルーツソルト は体積が軽いため、何もしないとカルピス液を入れた時点で浮きやすいです。

フルーツソルトがアイスバーの容器の中で動かないように固定したいので、アイスバーの容器にフルーツをいれる時、フルーツソルトをガードするように入れることをオススメします。

7)電子レンジの加熱が終了したら、耐熱容器を取り出し、しっかりと混ぜ合わせ、軽く粗熱を取ります。

8)先ほどセットしたアイスバーの容器にカルピス液をそっと注ぎます。

上から見るとこんな感じです。

フルーツが隠れるぐらいに入れるといいと思います。

フルーツソルト が浮きやすいので、その場合はアイスの棒で調節してみてください。

9)冷凍庫で冷やします。

大体3−4時間程度でアイスバーに♡

しっかり固めたい場合は5時間程度以上冷凍しておくといいかもしれません♬

アイスバーの容器から取り出す時は、容器の上から水をかけて少しずつアイスの棒をアイスから抜けないようにゆっくり引っ張り、動き出したら取り出せます!

アイスの棒がアイスから抜け易いので、しっかり冷凍することをオススメします。

メープルシロップを使って作った場合

こちらは上記のレシピに「大さじ2」のメープルシロップを加えてみました。

加えるタイミングは材料Aと同時に作業します。

メープルシロップを入れるとカルピス液が茶色っぽくなるんですがその分甘さは増えます♡

取り出してみると、やっぱりちょっと茶色いかもしれません。

もし、茶色いのは・・

という場合は透明・白色の甘味料などを使うといいかもしれません♬

本当に溶けないの?

「溶けないアイス」なんて魔法みたいですよね!

実際にどのぐらい溶けないか実験してみました♡

こちらの写真は冷凍庫から取り出してすぐの写真です。

それを、1時間常温で放置した状態がこちらです♡

(※室温25度程度の場合)

少し水分は出てきますが、形状をほとんどそのままに♡

ほとんど溶けてないんです!

すごい!

さすがに、先の方からゼリーっぽくなってきているんですが、まだまだアイスの形状になっています。

室温の状況により、溶け方が異なります。

一例としてご参考くださいませ♡

また、今回は乳製品不使用ということにこだわって作ってみたので

あっさりしたほんのり甘い「溶けないアイス」になっています。

もし、甘さを優先される場合は通常のカルピス原液を使って作ることをオススメします♡

その場合の作り方も、豆乳でできたカルピスの部分を置き換えていただければと思います。

寒天じゃなくてゼラチンじゃダメなの?

もちろん、ゼラチンでも固まると思うのですが、ちょっと性質が違うんです!

寒天は

常温でも溶けにくい性質を持っている

缶詰以外のフレッシュフルーツを使っても固まる

ということが大きなポイントです!

ゼラチンでゼリーを作っていただくとわかると思うのですが、

缶詰のフルーツは問題なく固まるんですが、フレッシュフルーツ(特に酸味が強いもの)はあまり固まらないんですよね。

(失敗した経験ありです・・・)

どうしたらいいかなーと思っていて、ヘルシーなものも探していたら

「寒天」に出会いました♡

寒天はコレステロールを抑制する効果も期待され、食物繊維が豊富なので、

健康志向の方やダイエットしたい方は是非オススメです!

もう、フルーツソルトはお試しいただきましたか♡

今回は大人可愛い「ブルーベリーソルト を使ってみました。

もう、メッチャ可愛いんです!

特に、このレシピには抜群に相性がいいと思います!

まず、形が可愛いし、今流行りの「塩アイス」ができます!

夏バテ防止にもおすすめですよ♬

ほんのり香る果実とオーガニックソルトでコーティングされているフルーツソルトはその日の気分でフレーバーを変えると毎日がハッピーに♡

フルーツソルト3個セットでも販売されているのでオススメです♡

<レシピ・写真・テキスト>
羽根井智子
フルッソアンバサダー

下記メディアでもオリジナルコンテンツを更新しています。
LIMIA
Instagram

動画再生

「心をつなぐ、調味料。」

Flusso フルッソ

動画再生
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。