に投稿 コメントを残す

ビーツと発酵バターのピンクパンケーキ

<レシピ・写真・テキスト>
羽根井智子
フルッソアンバサダー

以前に投稿した【植物性油脂で作る!発酵バター】を使った「米粉パンケーキ」 をアレンジした「ビーツのパンケーキ」を作ってみました♡

発酵バターと生地には「桜葉のお塩」を使っているので、その香りに合わせて、スーパーフードのビーツを使った、桜ピンク色のパンケーキを再現しました♬

今回も卵、バター(動物性)、乳成分不使用で、「ヘルシー」にこだわって考えてみました。

Flussoの「桜葉のお塩」で桜の香りがふわっと広がって、しっとりふんわり、とっても美味しいですよ♬

また、アレンジで果実とナッツのパンケーキソース! をトッピングすると、また違った雰囲気に♡

ぜひお気に入りのソルトでお試しください♬

A
製菓用米粉:100g
ベーキングパウダー:小さじ1
●Flusso野菜のお塩「桜葉のお塩」:1g(または小さじ1/2
※1gが計れる計量スプーンで計量しています。

B
植物性油脂で作る!発酵バター:30g
豆乳で作られたヨーグルト:100g
メープルシロップ:大さじ1程度
(お好みで調整してください)
●ビーツ:5g
(生のビーツを使う場合は下処理をして水気を切ります。またビーツの色を濃くしたい場合には、上記分量よりも多めにしてください。ビーツは輸入系食材を扱っているお店などで缶詰でも販売されています。)

作り方

1)フライパン用ホイル をフライパンにセットしておきます。

2)材料【A】を混ぜ合わせます。

3)ビーツを粗めにカットした後、材料【B】をフードプロセッサーで混ぜ合わせます。

(ビーツの分量によって生地のピンク色が変わってくるので、お好みで調整してください。この記事では、ほんのりピンク色になる位の分量をご紹介しています。)

4)大きめのボールに、混ぜ合わせた材料【B】を入れてから、材料【Aを入れ、手早く混ぜ合わせます。

5)フライパンに4)をすくい落とし、低温で両面を焼きます。

焦げやすいため、必ずフライパンの蓋をして、弱火~中火で焼いてください。

両面を焼く時に、裏返すのが早すぎると上手に焼けないので、周りがある程度固まってきてから裏返しましょう。

温度や焼き時間はパンケーキの様子を見て調整してください。

6)これで完成です♡

ぜひ焼き立てをお召し上がりください♡

当日または翌朝までに食べきることをオススメします。

もし時間を置く場合には、1つずつラップで包み、冷凍保存してください。

冷凍したものは、トースターなどで再加熱すれば美味しくいただけます。

また常温で時間が空いてしまった場合にも、同じく再加熱で美味しくお召し上がりいただけます。

(解凍後の再冷凍はオススメいたしません。)

桜葉のお塩 を生地に練り込んでいるので、一口食べた瞬間に、ふわっと口の中に桜の香りが広がって美味しいです♬

また、前回お伝えした果実とナッツのパンケーキソース! を使ったアレンジもお勧めです♡

例えばこちらは、Flussoのアップルソルトをトッピングしています。(写真右端)

粒がゴロっと存在感があり、アップルの甘みとソルトがとっても美味しいです♡

まとめ

いかがでしたか。

その他にも、Flusso さんではラインナップが充実しているので、その日の気分でソルトを変えるのもオススメです♡

今回ご紹介した野菜のお塩は5本セット で、またフルーツソルトは3本セット でも販売されています。

ちょっとした贈り物にも最適ですよ♪

<レシピ・写真・テキスト>
羽根井智子
フルッソアンバサダー

下記メディアでもオリジナルコンテンツを更新しています。
LIMIA
Instagram

Flusso / フルッソ

心をつなぐ、調味料。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。