刺身に果物!?和食にフルーツソルトで、意外な美味しさに。

みなさん、お魚、食べてますか?

 

焼き魚も良いけれど、手軽にお魚を食べたい時には、お刺身も良いですよね。

 

それに最近は刺身に付けるものとして、醤油だけではなく、様々なフレーバーの塩をつけて食べるように、食も多様化しています。

 

そんな中でも、「フルーツの塩」っていうのは、まだ珍しいのではないでしょうか。

 

最初の写真は、「鰹のタタキ」に、なんと「マンゴーソルト」を合わせています!

 

刺身って、果物と、しかもマンゴーってどうなのと想ったけれど、これが意外と合うんです!

 

もちろん、ただの塩ではなく、フルッソだからこその相性を実感できます。

 

果実の優しい風味がまとめ役となり、深い旨味のある湖塩が、魚の味と馴染みながら、絶妙な美味しさを生み出しています。

 

また写真は赤身ですが、白身には「桜葉のお塩」等を使うと、ほんのり香る桜が、白身を高級な逸品に仕上げてくれる、これも大変好評な組み合わせです。

 

その他、「柚子のお塩」や「フランボワーズソルト」なども、お魚と相性バッチリ。お刺身だけでも、食卓から新しい食の可能性が広がります。

 

とってもお手軽ですので、ぜひお試しください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。