カクテルに革命!!「フルーツソルト」でスノースタイル!

バーなどで、グラスの縁に砂糖や塩を塗ってあるカクテル、ありますよね?

 

雪が凍りついたような見た目から、「スノースタイル」と言われています。

 

ちなみに、スノースタイルというのは和製英語。

 

英語では、“Rimmed with sugar(salt)”と言うそうです。

 

通常は、レモンやライムでグラスの縁を湿らして、砂糖もしくは塩を満遍なく付けます。

 

ソルティードッグなど、一般的には塩を使う事が多い印象ですね。

 

見た目にも美しく、口に触れる部分にアクセントがあるため、カクテルの味と融合して、独特なおいしさを作り出しています。

写真は、京都のとあるバーから送っていただきました。

 

フルッソのフランボワーズソルトを使って、スノースタイルをお作りいただいています。

 

お話を伺ったマスターから、「スノースタイル、本当に綺麗に出来ますので愛用致しております。」とのお言葉をいただきました。

 

特にフランボワーズソルトは、その色と珍しさから、「赤い塩って何!?」と、お客様の関心を惹きつけるようです。

また、とあるバーテンダーの方からご注文いただいたのは、「梅のお塩」。

 

なんでも、近くバーテンダーのコンペがあるそうで、この梅のお塩を使ったカクテルを考案中なのだとか。

 

最近はインバウンドで、海外のお客様も増えていらっしゃると思うので、和の素材を使ったカクテルは、受けが良さそうですね。

 

どんなカクテルになるのでしょう。こちらも仕上がりが楽しみです。

フルッソは、桜や枝豆、柚子などの和素材から、マンゴーなどのフルーツまで色々ありますので、アイデア次第でもっと使い方がありそうです。

 

 また、クリスピーな食感が、ワインや日本酒などの「おつまみ」としても、実はとっても最適です。最初のお通し的に出すだけでも、その珍しさと美味しさで、きっと喜ばれるでしょうね。

 

食べ物にかけるだけではなく、飲み物やお酒にも使える新しいご提案です。

 

 ぜひ様々なお酒と共に、フルッソで楽しい時間をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。