に投稿 コメントを残す

グルテンフリー!米粉クレープ

<レシピ・写真・テキスト>
羽根井智子
フルッソアンバサダー

<クレープ生地> 6~8枚分程度

米粉 100g
無調整豆乳 330g
米油 20g
てんさい糖 大さじ1
バニラエッセンス 数滴

<具材>

豆乳ホイップ(生クリームでもOK、てんさい糖 大さじ1~2程度をプラスしてください。)
バナナ
Flussoフルーツソルト(フランボワーズソルト

他にも、色々なフルーツソルトでお試しください♬

道具

フライパン
フライパンのフタ
フライパン用ホイル(フライパンがテフロン加工の場合は不要です。)

作り方

【グルテンフリー♡】ヘルシー♬米粉ガレット♡を参考に、クレープ生地を作成します。

まず、それぞれの材料を計量します。

次に、無調整豆乳・米油・てんさい糖・バニラエッセンスを混ぜ合わせます。

しっかりと分離しなくなったらOKです。

②米粉の中に、先ほど混ぜ合わせたものを入れます。

ゆっくりと少しずつ入れ、米粉と馴染ませながら混ぜ合わせる、というのを繰り返します。

③全てが混ぜ合わさったら1時間以上ねかせます。

④フライパンにフライパン用ホイルをセットします。

米粉自体がくっつきやすいので、テフロン加工ではない場合、絶対に必要です。

また、今回はフライパンの丸い形を使いたいので、ホットプレートよりはフライパンをご利用いただくことをオススメします。

(クレープパンがある場合はそちらをご利用ください♬)

⑤フライパンを温め、生地を流し込みます。

生地を流し込んだ直後は定着しないため、生地が偏ってしまいます。

生地が定着するまでぐるぐると回して生地を伸ばします。

なるべく薄く焼く方が美味しいです。

⑥生地がある程度定着したらフライパンのフタをして焼きます。

中火ぐらいで焼きますが、様子を見ながら弱火~中火で調整してください。

⑦片面が焼けたら裏返し、両面を焼きます。

両面を焼いた方が、生地が扱いやすいので焦げすぎない程度に焼きます。

また、裏返す時に生地がくっついてくる場合、もう少し片面を焼いてから裏返すことをオススメします。

⑧生地が焼けたら大皿にとり、粗熱をとります。また、フルーツなどの具材をのせて包みます。

豆乳クリーム(生クリーム)は生地が熱いとダレやすいので、生地の粗熱をとってから作業します。

また、豆乳クリーム(生クリーム)に加えるてんさい糖は好みの甘さで調節してください。(てんさい糖の分量は、生地に練り込むものとは別になります。)

私はアクセントとしてFlussoフルーツソルトフランボワーズソルトを一緒に合わせました。

⑨完成したら1つずつラップに包み、冷蔵庫で冷やします。

⑩ある程度冷えたら、お皿に盛り付け、トッピングに豆乳クリーム(生クリーム)・バナナ・Flussoフルーツソルトを添えます。

Flussoフルーツソルトはかけるだけで華やかになります♬

今回はフランボワーズソルトにしてみました♬

その日の気分やトッピングのフルーツに合わせてフレーバーをかえてみると楽しいです♬

コメント

【グルテンフリー♡】ヘルシー♬米粉ガレット♡の応用編です♬

美味しいデザートが食べたい♬

グルテンフリーでヘルシーに♡

罪悪感を少なくするために、クリームも豆乳ホイップを使ってみました♡

市販のものでも最近はヘルシー食材が販売されているのでチェックしてみてください♬

また、生地は米粉を使っているのでもちもちしていて腹持ちがいいです。

そして、ある程度しっかりと生地を焼く方が扱いやすくてオススメです。

フライパン用ホイルを使うとくっつきが軽減されるのでテフロン加工のフライパンではない場合、オススメします。

必ず、生地の粗熱をとり、冷蔵庫で冷やすと、しっとり・もっちりとした感じになります。

冷やす時は必ず1つずつをラップで包んでください。

最後にお皿に盛り付けるときにFlussoフルーツソルトをトッピングすると一瞬で豪華なデザートになるのでオススメです♬

<レシピ・写真・テキスト>
羽根井智子
フルッソアンバサダー

下記メディアでも様々なレシピやリメイクなどのコンテンツを更新しています。

新商品先行販売始まりました♡
Flusso新プロジェクト

心をつなぐ、調味料。

Flusso / フルッソ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。