に投稿 コメントを残す

鎌倉の「CHABAKKA TEA PARKS」で味わう、驚きの日本茶。その唯一無二の美味しさと、奥深さとは。

Writing & Photos
Flussoスタッフ

JR湘南新宿ラインや江ノ島電鉄線などが乗り入れ、県外からも多数の観光客が訪れる、神奈川県の一大観光地、鎌倉。

紫陽花も見頃な6月の下旬、とある日本茶のお店を目指して、鎌倉へやってきました。

梅雨時期の中でも晴天に恵まれたこの日は、各地の緊急事態宣言も解除されたからか、平日にも関わらず多くの人々が観光を楽しんでいる姿があります。

降り立ったのは、鎌倉駅の西口エリア。

かわいい建物

東口のモダンなビル群とは対照的に、西口の駅舎はレトロな味わいが残ります。

鎌倉には、いくつかの商店街があります。

最も有名な「小町通り」は駅の東口に面しており、観光客を中心にいつも活況を誇っています。

今回私たちが向かったのは、駅の西口に面した「御成通り」。

こちらは閑静な佇まいの商店街で、人通りも比較的少なく、個人商店などが多く軒を連ねています。

ゆったりとした時間が流れる御成通り

御成通りは、個性的でおしゃれな店舗が多い印象。

味わいのある路地裏
経年変化もいい感じ

小町通りとは打って変わって、すれ違う人同士が挨拶をしていたりなど、こちらは地元民のための通り、といった雰囲気ですね。

あんなところに著名な企業が

CHABAKKA TEA PARKS

そんな御成通りを駅から入ってすぐ、右手に看板を発見。

今回お伺いするのは、こちらの「CHABAKKA TEA PARKS 」さんです。

お店ではオーナーの三浦さん が、常連さんと談笑中でした。

今回お伺いした「CHABAKKA TEA PARKS 」は、全国各地より選抜した「シングルオリジン」の茶葉に拘った、TEA STAND & STORE型の日本茶セレクトショップ。

日本初「ドラフトティー」などの独創的な趣向で、日本茶の新たな可能性を追求する、鎌倉の新しいお店です。

また店名の「CHABAKKA」とは、「お茶ばっかり」「茶葉」「茶バカ」などをかけ合わせた造語とのこと。

「適当ですいません(笑)」と笑う三浦さんのお人柄と、途切れることなく続々とお客様が来店する様子を見て、オープンからわずか4年で、もう鎌倉という地で愛されるお店になっているんだな、と実感しました。

おしゃれなグッズも

店内ではイートインや茶葉の販売に加えて、タンブラー、Tシャツ、トートバッグなどのグッズが、センスよく陳列されています。

カウンターの奥にも

CHABAKKA 名物「ドラフトティー」

日本初という「DRAFT TEA」は、商標登録もされているのだとか!

せっかくお伺いしたので、お話の前にまずは、三浦さん一推しのドラフトティーを。

専用のサーバーで窒素を含ませて、ビールのように泡立てながら、自分で好きな量を注ぎ入れます。

ちなみにこのサーバーも、特注なのだそう。

ひとくち飲んでみると、泡の口当たりや、すっきりとしてコクのある味わいが、今までの「日本茶」という概念を揺さぶる新感覚!

また程よい苦味があるので、ライトビールやお酒の代わりに、色々な料理と合わせても楽しそうな、今までにないおいしさを堪能できます

淹れ方にも工夫がたくさん

CHABAKKAでは、茶葉に合わせてお茶の入れ方も変えているそうです。

ドラフトティーをはじめ、専用のポットで抽出するもの、カクテルのようにシェイカーを使うものなど、その茶葉の特徴を活かした特別な一杯を、全て手作業で提供しています。

かわいく並んだポットたち

日本茶で、新しいお塩を

実は今回、CHABAKKA TEA PARKS さんから、「自分たちの厳選した茶葉を使用した、オリジナルのFlusso をつくれないでしょうか」というご相談があり、詳しいお話をお伺いするためにやってきました。

お話をする中で、様々な茶葉をご紹介いただきましたが、例えばこの碾茶(テンチャ)。

中国の甘い薬草茶の「甜茶(テンチャ)」とは異なる、抹茶の原料です。

碾茶は通常、粉末にして抹茶として出荷されてしまうため、茶葉の状態は大変貴重なのだそう。

こちらは京都の農家さんから特別に仕入れているそうで、「これをこのままお店で使っている所は、そんなに多くないはずです」とおっしゃっていました。

抹茶なのに、フルーティー!

見た目を裏切る、トロピカルで甘い香り!

その貴重な茶葉から抽出した「水出し茶」をいただいたのですが、なんとなく抹茶を想像していたら、爽やかで甘い香りが!

味わいも仄かにパイナップルを思わせる、驚きのおいしさが口の中に広がります。

これは説明するよりも、ぜひ一度飲んでほしい。きっと日本茶という概念が変わるはず、そんな一杯です。

チョコレートなほうじ茶!?

続いてこちらは「ごこう」というほうじ茶。

カカオやチェリーのような、甘くてスパイシーな香りを纏う、まるでチョコレートのような雰囲気を持っています

へぇ〜、こんなほうじ茶があるんですね。

粉末にするだけで、全然ちがう香りに

「さっきと同じものなんですけど、これどうですか」

そう言って出てきたのは、ごこうを粉末状にしたもの。

その香りは、チョコレート感が格段にアップしています!

これはココアのように飲んでもみたいし、サラダやスープなどの料理にも使えそうです。

いやぁ、お茶ってすごいな。。。

お茶でつなぐ想い

お店では碾茶を使ったお茶漬けも

CHABAKKA TEA PARKS で取り扱っている茶葉は、全て厳選されたシングルオリジン。

オーナーの三浦さんは、絶えず全国の農家をまわりながら、まだ見ぬ極上の茶葉を探し求めているそうです。

三浦さんは言います。

「日本には本当に良いお茶が、人知れず全国にたくさんあるんです。それをひとつずつ、丁寧に紹介していきたい。その農家さんの想いをつなぐことができればと思っています。」

私たちの「心をつなぐ、調味料。」とも重なる理想は、きっとお互いに何か通じるものがあったんだなと、お話の中で強く感じました。

Flusso × CHABAKKA

ひとつずつ、際立った個性が光る

そんなCHABAKKAさんとFlussoで、これから面白い取り組みを始めます。

新しいことを始める時は、いつも難しいものですが、お互いの「良いものをつくりたい」という想いは、きっと素晴らしい結果に向かうはずです。

私たちも楽しみでなりませんが、続報をどうぞお楽しみに。

また、お近くの方はぜひCHABAKKA TEA PARKSへ。

きっとそこには、驚きのお茶体験が待っています!

< Today’s Shop Info >
CHABAKKA TEA PARKS

神奈川県鎌倉市御成町11-10
JR横須賀線・江ノ島電鉄鎌倉駅西口より徒歩1分

<編集後記> 古我邸でティータイム

せっかく鎌倉へ来たので、打ち合わせも終わった後、以前から興味のあった「古我邸」へ。

美しいエントランス

築100年を超えるという古我邸は、様々な変遷を経て、現在は鎌倉市で初めて、住宅地の飲食店として許可されたフレンチレストランになっています。

今回はカフェタイムに伺いました。

誰もが写真を撮りたくなる素晴らしい景観

静かな庭園で、贅沢な時間を

建物の裏へ案内されると、山側に面したお庭に、オープンスタイルのカフェが。

この日はとても暑かったのですが、吹き込む風がひんやりと心地よく、静かな時間を過ごすには最適な環境でした。

店内も重厚感漂う、とっても素敵な雰囲気で、なんとディナーの時には、デザート専用バルコニーまであるそう。

きっと記念日には良い思い出になるでしょうね。

季節の移ろうお庭も楽しみに、またお伺いしたいと思います。

どうもごちそうさまでした!

Writing & Photos
Flussoスタッフ
動画再生

「心をつなぐ、調味料。」

Flusso フルッソ

動画再生
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。